ミネラルウォーター整水器が届きました!原液を入れて水道水からミネラルウォーターを作る

先月申し込みをしたミネラルウォーターの整水器(サーバー)が届きました。

早速サーバーをセットしてミネラルウォーターを作ってみることに。

ミネラルウォーターの整水器が届きました

楽しみにしていた整水器が届きました。

 

この日のために、キッチンにサーバーの置き場所を確保(笑)

こんな感じで、箱の中にはいろんなパーツが入っています。

早速、説明書を見ながら組み立てます。

付属の3Lピッチャーに水をため、NEWセラミックフィルターを中に入れ、中の空気を抜きます。

真っ白でキレイ(^^♪

フィルターの表面を手で優しくこすり洗いします。

上容器をひっくり返して内側にフィルターをセットし、上容器の外側からパッキン・ナットで取付します。

次にNEWゼオライトフィルターを洗浄します。

こちらもピッチャーにためた水に漬けて上部を20回くらい押して空気抜きしたら、そのまま3~5分放置です。

その間に、下容器に蛇口の取り付けをしました。

容器の内側からナットで締めて固定。

下容器に水道水を入れてみて、コック部分からの水漏れが無いかチェック。

先ほどのNEWゼオライトフィルターを水の中から取り出し、水道水の流水で洗いながします。下容器に試しに入れた水道水を蛇口から配水しています。

セット枠にフィルターを取り付けます。

一旦、下容器に残っている水道水を空にしてから、整水器のサーバーをセットしていきます。

下から、「置き台」「下容器」「ジョイント」そして、このジョイントの真ん中に穴が開いているので、そこにNEWゼオライトフィルターをセットします。

その上に、「上容器」最後に「上蓋」これでOK。

設置には15分くらいでしょうか。

割と簡単に出来上がりました。

ちなみにコレ、常温サーバーです。

製品仕様

タンク容量 上容器/6L 下容器/10L

外寸 幅320mm 奥行350mm 高さ640mm

ミネラルウォーターの原液とは?

このミネラルウォーターの整水器は、ミネラルの原液を水道水に添加して作ります。

この10mlのミネラル原液を3Lの水に入れて、整水器でろ過します。

一番最初の使い始めは6Lの試験通水をします。

6Lの水道水を入れると、上容器の縁くらいまで水位がきちゃいます(^_^;)

この試験通水したミネラルウォーターも飲むことは出来るけれど、お風呂に入れたり植木への水やりにお使いくださいとのことでした。

我が家ではお風呂に入れてみました。

水道水からミネラルウォーターを作る

実際のろ過の様子を観察。

上容器に入れたミネラルを添加した水道水がNEWセラミックフィルターを通してポタポタと落ちてきて、ゼオライトフィルターのセット枠に溜まります。

NEWゼオライトフィルターに溜まったろ過されたミネラルウォーターがジョーっという感じで下容器に落ちてきます。

こうして栄養素(ミネラル分)を豊富に含んだお水が出来るんですね。

ちなみにこのミネラルウォーターは軟水です。

水の硬度=(カルシウム量×2.5)+(マグネシウム量×4.1)

水の硬度は上記数式に当てはめて計算できます。

サーバーに入れる水によって多少の誤差はあるものの、

(8.2×2.5)+(4.1×4.1)=37.31 の軟水になるとのこと。

さいごに

ひとまずサーバーを設置出来たので、試験通水が終わったら、置こうと思ってあけておいた場所に移動する予定です。

明日からミネラル生活スタートです(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました